オタクなtoriです。

[st-kaiwa1]No Book, No LIFE[/st-kaiwa1]

今回はぎりぎり30代なtoriがおすすめする2018年おすすめ漫画!ということで、以下の大前提を元にご紹介します!

[st-cmemo fontawesome=”fa-lightbulb-o” iconcolor=”#FFA726″ bgcolor=”#FFF3E0″ color=”#000000″ iconsize=”100″]

toriが2018年に読んで面白いと思った漫画。

漫画のジャンルは特になし。

エロはなし。[/st-cmemo]

みんな、ぜひ読んで!

10位 血界戦線|内藤泰弘

かつてニューヨークと言われた街は、異界と人界とが交差して一晩で変わり果て、これにより異界ならではの超常日常・超常犯罪が飛び交う「地球上で最も剣呑な緊張地帯」となった街、「ヘルサレムズ・ロット」が構築される。この街は深い霧と超常現象により外界と隔離されているとはいえ、一歩間違えば人界は不可逆の混沌に飲み込まれてしまう。

そんな中、この街のいつ破れるとも知れぬ均衡を守るために秘密裏に活動する者たちがいた。クラウス・V・ラインヘルツ率いる「秘密結社ライブラ」である。彼らはさまざまな能力を駆使し、「血界の眷属(ブラッドブリード)」を筆頭とする異界の住人と日夜戦っていた。

半年前の事件で異界のものに遭遇し、妹が自ら差し出した彼女の視力によって救われた少年、レオナルド・ウォッチ。妹を救うすべを求めてヘルサレムズ・ロットを再訪した彼は、「ライブラ」の新人と間違われたことをきっかけとして、魔神による無差別襲撃事件に巻き込まれる。異界のものから与えられた「神々の義眼」の力で事件を解決し、正式に「ライブラ」の一員に迎えられた彼は、クラウスらとともに様々な事件(あるいは異界ならではの日常)へと挑んでいくのだった。

血界戦線-Wikipedia

トライガンの頃から、独特な世界観の描き込み、絵柄、登場人物たちで人気を博してきた内藤泰弘先生の「血界戦線」です!

紐育(ニューヨーク)がうっかり異世界と繋がっちゃって、そこから始まる異能力バトルもの。

異能力×チーム戦は THE 最★高!

主人公のレオナルドは戦闘能力も無いし、自分のメンタル的な臆病さもある。

どうにもならない暴力などに対して抗いながら、もがきながらも着実な一歩を踏み出すんですが、熱い。

ものすごく熱い漫画。

モブとかあっさり殺されたりするので、苦手な方は注意かな?

第9位 テンジュの国|泉一聞

時は18世紀。チベットの山間の村の、カン・シバという医者見習いのお話。カン・シバが薬草採りから家に戻ると、異国の花嫁ラティが宿を借りに来ていた。心優しい少年と不思議な花嫁が織りなす、チベットの日常が満載の、ほのぼの物語

テンジュの国-マガポケ

民族モノとか民族衣装大好きです。

大 好 物 で す 。

テンジュの国は18世紀チベット山間部を舞台にした、とんでもなく平穏で日常的な漫画。

このお嫁さんのラティが染物好きなんですよ~///

こんな女子に嫁になってほしい。

第8位 黒博物館 藤田和日郎

スプリンガルド
1837年大英帝国の首都ロンドンに、女性ばかりを狙って悪戯をする犯罪者が現れた。脚に「バネ足」を仕込み高く跳び上がり、目と口を光らせ、奇怪な声で笑う怪人物は、イギリス国民から「バネ足ジャック」と呼ばれ恐れられた。しかし、1838年春、犯人は逮捕されることなくその姿を消した。それから3年後の1841年、「バネ足ジャック」は悪戯ばかりでなく女性を殺害する殺人鬼となって再び現れた。

黒博物館-Wikipedia

「うしおととら」作者の中編漫画のシリーズです。

三部でていて「スプリンガルド」「マザア・グウス」「ゴースト アンド レディ」が発刊されています。

とにかく藤田先生は「読ませる」筆力が半端なくて、何度も何度も読み込んでしまいました。

少年誌で連載していたわけですが、内容は心温まるダークファンタジーと言えばいいでしょうか。

泥臭い中の人間的な愛。

そういった原石が、闇の中で輝く、そんなストーリーです。

絵柄で好き嫌いが別れそうと思っていますが、読まなくちゃもったいない名作です。

第7位 人形の国|弐瓶勉

created by Rinker
¥648 (2019/05/27 02:06:13時点 楽天市場調べ-詳細)

舞台は永遠の冬の世界。巨大な遺跡群の中で人類が生き延びる、人工天体アポシムズ。 訓練と食糧採取のために行軍するエオ、ビコ、シオ、エスローの4人の前に、現れた謎の少女。拡大を続けるリベドア帝国に追われる彼女が託したものとは……

人形の国-月間少年シリウス

「シドニアの騎士」作者の新作!

勝手にダークファンタジーSFの申し子だと思っています←

ディストピア+ダークファンタジー+SFで、弐瓶ワールドがすごすぎる。

弐瓶ワールドのすごいところ

・作画が真っ白!

・人体という物質に対しての壊れ方

・説明が少ない

・世界観に対してストーリーが柔らかい

第6位 女の筋肉と友情|KANA

created by Rinker
¥691 (2019/05/27 02:06:13時点 楽天市場調べ-詳細)

ちょっとマッスルな女の子たち。
恋も仕事も友情も、ぜーんぶがんばりマッスル!

女の筋肉と友情ー星海社 最前線 ツイ4

マッスルなイマドキ!?女子が、恋も仕事も友情も頑張ってる話。

マッスルだけど。

マッスルがメインだけど!

これ読んでるとめっちゃ癒されますw

第5位 ワールドトリガー|葦原大介

created by Rinker
¥410 (2019/05/27 02:06:16時点 楽天市場調べ-詳細)

28万人が住む三門市に、ある日突然異世界への「門(ゲート)」が開いた。門からは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が現れ、地球上の兵器が効かない怪物達に誰もが恐怖したが、謎の一団が近界民を撃退する。彼ら、界境防衛機関「ボーダー」は、近界民に対する防衛体制を整え、依然として門から近界民が出現するにも関わらず、三門市の人々は今日も普通に生活していた。

門が初めて開いてから4年半後、三門市にやってきた空閑遊真が、三雲修に出会う所から物語は始まる。

ワールドトリガーーWikipedia

平凡な能力値の主人公がハイスペックなサブ主人公に出会って物語が始まる系です。

強大な敵に対してもドラゴン〇ールなどのように急激にパワーアップするとか、そういうチート設定はまったくなく、今持っている力だけで立ち向かっていく――という点がものすごくいいです。

遅効性SFとはよくいったもので、きちんと「チーム戦」が描かれています。

個人プレーに見えても、最後にはきちんとチームとして絡んでいる。

話の作り込みもものすごくて、読んでいてどハマりします。

第4位 来世は他人がいい|小西明日翔

created by Rinker
¥648 (2019/05/27 10:52:53時点 楽天市場調べ-詳細)

極道の家で生まれ育った女子高生、染井吉乃。
家庭環境は特殊でも、おとなしく平穏に日々を過ごしてきた。婚約者の深山霧島と出会うまでは——!
前作『春の呪い』で「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)2位にランクインした小西明日翔が「アフタヌーン」に初登場。
はみ出し者たちが織りなす、スリルと笑いが融合した極道エンタメがここに誕生!

来世は他人がいい-アフタヌーン

関西の極道の女子高生と関東の極道の男子高校生のまさに「極道エンタメ」漫画。

きちんと極道っぽい暴力シーンんもありつつ、高校生っぽいようなシーンもあり。

「間」とか流れとか、漫画としてのバランスがめっちゃとれてて読んでいて面白いです。

第3位 鬼灯の冷徹|江口夏実

鬼灯の冷徹1巻【電子書籍】[ 江口夏実 ]

地獄では、戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により、亡者はあふれかえり、獄卒たちは人材不足に悩まされ、あの世は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、どこか頼りない閻魔大王に代わって地獄全272部署を治めているのは、閻魔大王に抜擢され、閻魔大王第一補佐官の座にまで上った有能な鬼神の鬼灯であった。鬼灯の幼馴染で衆合地獄主任補佐のお香、女癖が悪く、鬼灯に会うといつも張り合っている中国の神獣・白澤、お伽話としても有名な英雄の桃太郎とそのお供、新人獄卒の唐瓜・茄子などの個性豊かなメンバーと共に過ごす、鬼灯たちの日常を描く。

人にとっての地獄、それは鬼にとっての日常であった。

鬼灯の冷徹-Wikipedia

定番でしょうか!

もー、大好きです!コミックスもアニメも!

何がすごいって、鬼灯の思考が「鬼からブレない」って所です。

Wikipediaのあらすじだと分かりにくいんですが、地獄なのにめっちゃ普通に会社経営みたいになってるし、なのに基本は「鬼思考」なので会社っぽいけどやっぱ違う!ってなるところがツボります。

シロが癒し担当すぎてかわいいもふもふしたい。

第2位 乙嫁語り|森薫

created by Rinker
¥670 (2019/05/27 10:52:53時点 楽天市場調べ-詳細)

19世紀後半の中央アジア。街に定住するエイホン家の跡継ぎであるカルルクのもとに、北方の移牧民(半定住・半遊牧民)ハルガル家から20歳の花嫁、アミルが嫁いできた。花婿カルルクはまだ12歳。それでも二人は互いを大切にし、少しずつ夫婦の絆を深めていく。

乙嫁語り-Wikipedia

時代漫画。

「エマ」の作者の連載。

この作家さんの漫画ははずれがありません!

発刊ペースがまったりな分、作画のきめ細やかさはもちろん、ストーリーも分厚くて面白い!

早い年齢での結婚が当たり前な地域で、食べ物も自分たちで調達して、肉を裁く事とか、布や刺繍の事とか、作家さんの調べた事が作画に活かされまくっていて、ストーリーもだけども作家さんの「漫画を描くこと」が好きなんだなぁっていう情熱を感じます。

第1位 マロニエ王国の七人の騎士

マロニエ王国の女将軍・バリバラには七人の息子がいた。
それぞれの名前は…
「眠くない」「博愛」「暑がりや」「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ 」。

彼らの大義は――
「いつかかっこよくお姫様を助けること!!」

そんな彼らに与えられた任務とは…!?

マロニエ王国の七人の騎士-月刊フラワー

何がいいって、まず名前

「眠くない」とかそんな、え、そのネーミング、ハイセンスかな!ってなりました。

ほんわかとラブコメが入っていて、それが全然わざとらしくないんですよ!

そこが好き!

人物に目が行きがちなんですが背景も細かく書き込まれています。

[このマンガがすごい!2018オンナ編]第1位も納得のストーリー。

 

というわけで、悩みに悩んで厳選しました!

いかがでしたでしょうか?

個人的には「ちょっと濃いめ」のラインナップになったかなぁと思って、タイトルにも「ちょっと濃いめ」って付け足しちゃった。←

基本的にはtoriの趣味による主観ですが、どれを読んでも「面白い!」ってなります!

おすすめ!

そして今は漫画が読めるアプリで無料漫画を読んだりもしています。

アプリの比較も含めて、またそのうち書きたいな~と思ってます。

 

以上、おすすめ漫画BEST10でした!

おわりっ